外車の中古、3つの後悔しないための注意点!

外車 中古車 注意点

BMWの5シリーズや7シリーズ、
ベンツEクラスやSクラス、
アウディのA6やA8、

フェラーリにポルシェ、
ジャガー、ボルボ・・・etc.

新車当時は高くて
手が出なかったクルマも、

5年や10年落ちで
「これなら買えるな!」と
思わず思ってしまうような

お値打ちプライスに
なっていることも少なくありません。

しかし外車に対する精神的な垣根
(壊れやすいネガティブイメージ)が
昔ほど無い現在においても

リスクをしっかり把握していないと
痛い目にあってしまいます。

輸入車の専門店だけでなく
普通の中古車屋さんでも店頭で
激安プライスを掲げていることも
少なくありませんが、

買ってから困らないために
覚えておきたい外車を購入する際に

注意したい、心得ておきたい
3つのポイントをご紹介します!

 



 

1.整備ができない!

どんなにBMW・ベンツ・アウディ
といった外車を街中で見かけるように
なったといっても、外車は外車。

国産車ではありません。

万が一故障した際に
ディーラーでないとできない
作業があったり、

一般的な作業であっても
なじみの整備工場では工具が無く

ネジ一本すらも緩められない
なんていうことも少なくありません。

外車 トルクスネジ
↑国産車ではまず見ない特殊なネジ

このように国産車と違って
工具の規格やサイズが異なることが多く、

一般的な整備工場では工具の関係と
外車を触りなれた人間がいないなどの
問題から整備を断られるケースも
少なくありません・・・。

また、電子制御が進んでいる
高級車クラスは特に厄介で、

コンピューター関係が故障した場合に
安い中古部品を見つけたとしても
使えないことが多々あります。

これはディーラーでの
コーディング作業と呼ばれる
セッティングやリセットが必要になり

ディーラーでは品質を担保できない
中古部品の持込は拒否されてしまい、

泣く泣く高額な新品部品での
修理を余儀なくされてしまいます。

これらの状況から
ディーラーの認定中古車以外で
外車の中古車を購入する際には、

故障した際に提携の整備工場があるか
販売店に確認するのが安心です。

 

2.部品が高い!

国産車と違って車格や車両価格に
関係なく部品が高いといっても
過言ではないくらいに

いろいろな部品が高いというのも
購入後でないとわからない盲点。

たとえば国産車であれば
2~3万円の定価で買えるような
ドアミラーであっても、

外車ではぶつけてしまって
ドアミラーを交換するなんていう時に

新品定価が10万オーバー
なんてことも珍しくなく

その部品代の高さに
驚いてしまいます。

VWゴルフもモデルによっては
中古車で30万円あたりで
買えてしまうものありますが、

ドアロックが壊れ修理しようと
値段を聞いたら新品定価が
10万円近い金額と、

開いた口がふさがらない
状態になっていた方も・・・!

新品は高いから中古部品を探して
安く修理費用を抑えたいと思っても、

国産車と違ってクルマの絶対数が
少ないので中古部品の流通も少なく、

高額な新品部品で修理を
余儀なくされることは
覚悟しておく必要があります。

 

3.部品が欠品、本国取り寄せ!

日々部品の問い合わせをうける中で、
会話に出ることが少なくない

「国内欠品中で本国取り寄せになるので、中古で部品がないでしょうか?」

というフレーズ。

ちょっとした整備で必要になった
部品を新品で取り寄せようとしたら、

国内に部品の在庫が無いことも
外車では多々あります。

本国から部品を取り寄せると
船便などで1ヶ月は少なくとも
かかってしまいますので、

部位によっては部品が来るまで
車が使えないなんていうことも!

ちょうど先日もベンツSLのラジエターの問い合わせが来ましたが
国内は欠品、ドイツには在庫有りで1か月程度の納期がかかる
なんてことがあったばかりです・・・!

 

外車の中古車 注意点

はじめて外車を購入するというのなら
整備の面やアフターフォローの面で
メリットのある

ディーラーの認定中古車が
安心かもしれません。

一般の中古車屋さんで
外車を購入するのであれば

保証やアフターフォローに関して
入念にチェックしておいたほうが

万一の際にあわてることが
なくなるのではないでしょうか。

また、最後に海外の自動車雑誌に
出ていた格言?をひとつ。

「そのクルマを新車で買うことができる財力が今も無ければ、中古でいくら安くなっても買うべきではない。」

夢の無い、非常に現実的な話ですが
部品の卸をしている立場からすると
この格言は言い得て妙。

どんなに中古車価格は
新車当時の半額以下、
二束三文のような金額であっても

部品代はそのクルマ本来の
価格のままです。

外車の中古車。
日本車とはやはり勝手が
違うということは認識しておいて
損は無いと思います・・・!

輸入車 中古

 

BMW、ベンツ、気になる外車の中古車をおトクに購入するには?

値引きの期待ができない認定中古車、
人気の新古車・未使用車(展示車)も

価格が高騰気味で新車に比べて
払わなくていい税金分くらいしか
金額的メリットがないケースも
多々見受けられたり・・・。

そんな状況の中、
気になる外車の中古車を
購入する際に値引き以上に

総額を大きく低減させる
効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!

いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
販売店と下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。

 

中古車下取り

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?

中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるベンツやBMWといった
外車の中古をおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当ての外車の
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね♪

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 中古車買うならココに注意! Reserved.