LS460の中古を買うなら【エンジンかからない!】に注意?!

レクサスLS460 前期 中古

これまでの高級セダンの
基準を大きく引き上げた1台・・・

レクサスLS460!

その威風堂々のオーラを放ち
圧倒的な存在感を持つデザイン、

高級車にふさわしい
余裕にあふれるパワーフィールと

至極なめらかな回転フィールが
魅力的な1UR-FSEの大排気量V8、

そしてハイエンドプレミアムゆえの
静謐で質感高きインテリア・・・

レクサスLS460 後期 中古

元々が1000万クラスの
高級セダンであるLS460が
中古相場を見てみると

LS460の前期なら
150万ぐらいの予算で考えれば
そこまで走ってないような個体が

いろいろ選べてしまうほど
非常にお買い得な価格になってますが

あなたがレクサスLS460を
中古で狙っているなら注意したい
ポイントがあります!

それはエンジンがかからなくなり
立ち往生・走行不能に見舞われる
故障が避けられない部品!!

 



 

レクサスLS460の中古で注意したい
エンジンがかからなくなってしまう
故障の原因とは・・・

 

セルモーター(スターター)!

 

エンジンを始動させる時に
キュルキュルと音を出す
セルモーター(スターター)。

レクサスLS460を
中古で狙っているなら
このセルモーターの故障に注意です。

普段、全国の整備工場さんなどに
リビルト部品や中古部品を卸す
商社の仕事をしているんですが

最近ちょこまかとLS460の
セルモーターの問い合わせがきます。

で、たまたまなのか
セルモーターが壊れたLS460、
走行距離を聞いてみると・・・

・3万㎞ぐらい

・4万㎞程度

・8万㎞ちょっと

と、思いのほか
そこまで距離走ってないような
レクサスLS460なのに壊れてます。

このセルモーター、
新品定価は約10万といい値段なので

安価で信頼性がある
リビルト部品を探してくれと
問合せが来るんですが

困ったことにレクサスLS460の
セルモーターはリビルトの在庫が
ホントどこにもないんです・・・

リビルトが無ければ
中古はどうだと思って探すと
これまたぜんぜん見当たらず

1個だけ見つけたものの
走行距離3万㎞から外したのが
なんと5万近い金額に・・・

USF40 中古車

中古でもこんなプレミア価格、
リビルトも在庫がないなんていう
異常事態になっているんです。

これだけ台数が走っている
レクサスLS460にもかかわらず

部品取りする廃車・解体車が
解体ヤードに入ってくることが
まだまだ少ないこと、

そして中古部品の流通がないから
リビルト=オーバーホールもできず

リビルト品のセルモーターも
在庫がない悪循環になっています!

 

レクサスLS460 中古の注意点

あなたがレクサスLS460を
中古で狙っているなら

エンジンをかける部品である
セルモーター(スターター)の
故障には注意です。

整備工場さんからの問い合わせで
レクサスLS460のセルモーターは

走行距離に関係なく
トラブルが出ている印象があります。

LS460は2006年に登場しただけに
前期モデルは10年オーバー選手で
経年劣化による不具合や故障が

今回話題にしているスターターに限らず
いろいろと潜んでいる状況です。

LS460でセルモーター意外に
注意したい部品としては・・・

・オルタネーター(発電機)

・エアコンのコンプレッサー

・パワステラック(ギヤボックス)

・エアサスや足回り部品

発電機のオルタネーターは
新品定価:約10万

エアコンコンプレッサーは
工賃込みで20万コース覚悟

これまたトラブルが多い
パワステラックは定価:約20万

エアサスの定価は1本約6万・・・

これらの部品は経年劣化によって
いつ不具合が出てもおかしくない
部品たちですが

どれもこれも安価な中古や
リビルト品の在庫がなく、

修理するとなれば高額な
新品部品での修理を余儀なくされ
さらには工賃もすごいことに・・・

世界に誇る1000万クラスのLS460が
中古車なら非常お値打ちなプライスで
買うことがでる幸せな状況ですが

あなたがLS460の中古を買った後に
万一の不具合やトラブルがでると

20万や30万がすぐ飛ぶような
大きな出費に見舞われるリスクが
あることは覚えておきたいところ。

そんなリスクを回避するためにも
レクサスLS460を中古で買うなら

中古車販売店の保証が
しっかりあるところが安心です。

中古車価格は魅力的であっても
万が一の不具合や故障が発生すると

「えっ?そんな高いの!?」

と、ちょっとびっくりしてしまう
高級車レクサスLS460なだけに

LS460の中古を選ぶ際には
車両価格の高い安いや
走行距離だけでなく

中古車販売店の保証有無、
保証がある場合は期間や
適用範囲といったことも

買った後に苦労しないためにも
しっかり確認するのが安心です。

故障やトラブルが発生した際に
保証でカバーしてもらえれば
無用な出費を回避できますので♪

どうぞご注意ください・・・!!

レクサスLS460 中古 注意点

 

レクサスLS460の中古、お得に買うには?

値引きの期待ができない
レクサスLS460の中古車、

アルミやローダウンなどで
カスタム・ドレスアップされた車両、

低走行の車両はビックリするほどの
ハイプライスになっていることも!

そんな状況の中、
気になるレクサスLS460の
中古を購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法
があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!

いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
販売店と下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。

 

中古車下取り

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なことなので
覚えておくといいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?

中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

A社・・・55万円 (おっ?!)

B社・・・70万円 (ええっ!?)

C社・・・50万~80万円(ホ~!)

D社・・・100万円!(いいの?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、

買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

レクサスLS460の中古を
もっとおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、
それとも50万円もトクをするか。

はたまた自分の思い込みのせいで
後になって悔しい思いをするのか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのレクサスLS460の
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね^^

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 中古車買うならココに注意! Reserved.