ネットの画像はキレイなのに!中古車選び、実車を見ないで買うのは危険?!

中古車の選び方

ネットの中古車サイトで
画像見たのと全然違う・・・

 

今回いま乗ってるクルマから
次のクルマへ乗り換えるにあたって

先日お世話になっている
ディーラーの担当者氏と一緒に
中古車屋さん巡りをしたんですが

そのお目当てのクルマは・・・

1台は2011年式の個体で
走行距離は2万㎞程度のもの。

もう1台は2013年式で
走行距離は3万㎞ちょっと。

それぞれ価格はほぼ同じで
車体色も同じという状況でしたが

それぞれを見に行って感じたのが
冒頭に書いた「全然違う・・・」
というものでした。

こんなにも違うのか!

と、思わず思ってしまった
今回の中古車選びで学んだことを
レポートしたいと思います!!

 



 

いつもお世話になってる
ディーラーだと金利が1.9%だし
書類関係とかもラクだから・・・

で、他のクルマ屋さんの在庫を
業販で引っ張ってもらって
乗り換えをしたんですが

最終的な候補になったのが
2011年式と2013年式の2台。

ディーラー担当氏が現地に
お目当てのクルマを下見するのを

「一緒に見に行きます?!」

とお声をかけて下さり
2日間にわたって中古車屋さん巡り。

最初の1件目は2011年式がいる
地方の外車屋さん。

シャッターが閉じてて
外から見えないショールームに
スリッパに履き替えて入ると

レクサスのLFAやら
3000万~6000万クラスの
ハイエンドなクルマがいろいろと。

そんなクルマたちが周りを囲む中
真中にお目当てのクルマが。
値段は周りと比べてだいぶ安いけど
オーラは負けてないぞ^^

で、まわりを眺めながら
何周かしての私の感想は

「キレイですね~」

と、まぁこんなもんでしょ?
的な感想だったんですが

いろいろあちこち細かく見た
ディーラー担当氏が

「○○さん、これコンクールコンディションですよ」

と、私の耳元でささやく。

そんな大げさな~と思ったんですが
確かに細かく見ると外装はピカピカ

小さなエンブレムのキワとか
汚れがたまりやすいところなんかも
新車のようにキレイだ。

外車屋さんの担当者が言う
「室内保管されてた個体で・・・」
というのはホントだろうと思えるほど
外装はコレといった劣化がない。

窓のまわりのゴム、メッキモールとか
劣化しやすいところまで美しい。

室内を見てみても
シートの乗り降りする部分の
ヤレやシワなんかもほとんどないし

イタ車特有のボタン類の
ベタベタも全然なくキレイ。

ヘッドライトのダイヤルあたりや
シフトノブ回りも爪が当たったような
コキズなんかも無く非常に状態が良い。

ネットの中古車サイトでは
タイヤのことは特に記載がなかったけど

新品に交換したばかりのバリ山の
ピレリP-ZEROが4本付き。

どうやら前のオーナーさんに
依頼されて交換したんだけども
いいフェラーリが入庫したから

タイヤ交換直後に
そっちに乗り換えたそうで。

エンジンルームの中もキレイだし
オイルフィラーキャップを開けて
エンジンの中やキャップの裏を見ても
これまたキレイでオイル交換も
しっかりされてた感じ。

中古車の選び方 注意点

と、まあこの日は
検討しますということにして
お店を後にして帰路についたんですが

ディーラー担当氏が道中しきりに
「いや、あれはすごくいいですよ」
「あんな程度イイのは珍しいですよ」
というのが“その時は”理解できなかったんです。

いままで自分が乗り換えてきたのは
さっき見たのと同じような感じだったから
いつも通りキレイだなぐらいだったんです。

でも、次に2013年式を見に行って
ディーラー担当氏が何度も口にした
コンクールコンディションの意味が
わかりました・・・

 

なんじゃコレは?程度が雲泥の差・・・!

次に見に行った2013年式。

2011年式のものに比べ
距離は1万㎞多い3万kmだとしても

年式が2年新しいから
もっと状態がいいんじゃないかと
期待して見せていただいたら・・・

ネットに掲載されてた美しい画像からは
程遠いひどい状況でビックリ・・・

まずパッと目に入ったのが
リヤバンパーの上部にあった
「塗装のヒビ」

なんでこんなところに?と
よく見てみるとマフラーカッターに
わずかな凹みを発見。

おそらく何かにマフラーぶつけ
リヤバンパーも押されて
例の塗装ヒビも入ったのかなと。
でもマフラー出口上のバンパーはキレイだし
やさしく手でなでてみても凹みやゆがみは感じない。
いったい何にぶつけたんだろうか・・・??

 

そして全体的に使用感ある
コキズやら汚れがあるし

ドア枠のゴムも若干劣化があるし
メッキモールも腐食気味で汚い。

内装はそこまで汚くないけど
2011年式のものとは違って
この2013年式は

日常使いでついたであろう
パネル類のコキズとかが多いし

ボンネットを開けてみても
エンジンルーム内も汚れ気味で
オイルフィラーキャップを開けると

エンジン内は真っ黒なオイルに
キャップ裏にはスラッジが。

フロントバンパーやヘッドライトに
細かい飛び石キズが無数にあるから
だいぶ飛ばしてたんだろ~なと
想像できますが、

それなのにオイル真っ黒で
スラッジがキャップ裏についてるから

オイル交換とかメンテナンスが
あまりされずにいたのかな・・・と。

ブレーキローターもだいぶ減ってるし
レコード盤みたいにスジ入ってるし、

タイヤは4部山程度に減ってて
偏摩耗とか変な劣化ヒビはないけど

なんかタイヤのトレッド面が
すごく荒れているというか。。。

自分のクルマも2013年式で
当時のピレリP-ZEROを
まだ履いているけれど

こんな風にトレッド面が
荒れてはいないんだけど?!

 

ディーラー担当氏が
コンクールコンディションと言った
2011年式のクアトロポルテは

こうして見比べてみると
非常にキレイだったということが
よくよくわかりましたし、

なんかちゃんと愛され大切に
されてたんだろうなと感じます。

でもこの2013年式は
愛されてた感じがしない・・・
足車として雑にされてた感じで。。。

この2013年式のクルマを見て
こんなだから10分もしないうちに

あの2011年式のやつ、
売れないうちに抑えちゃってください!

と担当氏にささやいたのは
言うまでもなく・・・

 

中古車選びは、百聞は一見にしかず?!

今回ディーラー担当氏と一緒に
中古車屋さん巡りをした感想は

実車はこんなにも違うのか!

ということ。

ネットの中古車サイトに
掲載されている画像は
今回見た2台それぞれキレイで
申し分のないものでしたが、

実際に見てみると片方は
その写真以上に美しく
舐めても平気なくらいキレイで

片方は洗車されてはいても
隠しようのない細部の汚れや
劣化、使用感があって・・・。

片やタイヤ4本新品、
ローターも全然減ってなくて
グッドコンディションに対して

2013年式の方は
タイヤもローターも減ってて
交換するとなればそれぞれ
20万コースは覚悟の出費。

中古車価格はこの2台の差はなくても
こういったところで買ってから
大きな差がつくなというのも
実際見たからわかったことです。

 

実はいま乗ってる
グランツーリスモスポーツは
4800㎞の個体を実車も見ずに

地方の外車屋さんから
ディーラー担当氏に業販で
引っ張ってもらったんですが

距離も距離だから
外装も内装もビッカビカで
新車同然な状態だったんです。

そんな経験があったから
見なくても大丈夫じゃない?
って甘く考えてましたが

2万㎞や3万㎞も走ってると
保管状態や愛され方で大きな差が
あるんだなと勉強になりました。。。

・ネットの写真だけではわからない

このことを痛感した
今回の中古車選びでした。

あなたもお目当ての中古車があるなら
あまりに離れた場所じゃアレですが

見に行こうと思えば
見に行けるぐらいの距離なら
百聞は一見にしかずだと思います。

中古車選び、
変なのをつかまないためにも
どうぞご注意を・・・!!

中古車 チェックポイント

お目当ての中古車をもっとお得に買うには?

値引きの期待ができない
新古車、未使用車、中古車、

アルミやローダウンなどで
カスタム・チューニングされた車両

低走行の車両はビックリするほどの
ハイプライスになっていることも!

そんな状況の中、
気になる新古車や中古車を
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法
があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!

いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
販売店と下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。

 

中古車下取り

あなたは自分のクルマに
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なことなので
覚えておくといいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?

中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

A社・・・55万円 (おっ?!)

B社・・・70万円 (ええっ!?)

C社・・・50万~80万円(ホ~!)

D社・・・100万円!(いいの?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるお目当ての中古車を
もっとおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、
それとも50万円もトクをするか。

はたまた自分の思い込みのせいで
後になって悔しい思いをするのか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当ての中古車の
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 中古車買うならココに注意! Reserved.