新古車・未使用車に潜む【意外な落とし穴】とは?!

新古車 未使用車 お買い得

新古車、未使用車。

ナンバーが登録されただけで
走行距離だって100㎞以下だったり
新車とほぼ変わらないような状態の
ピッカピカな新古車や未使用車。

ドアを開ければ
「新車の匂い」にうっとり・・・♪

それでいながら新車を買うより
税金などの面を含め安く買えたり

新車と違って何か月も待つことなく
すぐに自分のもとにクルマがきたりと

納期の面でもメリットがある
新古車や未使用車。

新古車 未使用車 メリット

しかしそんないいことづくめに感じる
新古車や未使用車、新しい中古車を
買う時に必ず確認したい要注意な
ポイントがあります!

その確認を怠ると買った後に

 

「え、マジで・・・!?」

 

と、想定外の出来事と出費
思わず言葉を失ってしまうような
状況に見舞われかねないポイント!

 



 

新車同様とも言える
未使用車・新古車で注意したい
要確認なポイントとは・・・

 

保証継承されているか?

 

ということ。

「保証継承」とは自動車メーカーの
新車保証が残ってる場合にその保証を
次のオーナーへ引き継ぐ手続きの事。

この保証継承がされていなければ
いかに新車同様な新古車や未使用車、
1年落ち程度の新しい中古車でも

なにか不具合やトラブルが起きても
保証がきかず自腹で修理する羽目に
なってしまいます!

 

 

そんなこと言って
新車みたいに新しいんだから
すぐに壊れることないでしょ~

 

と、思うかもしれませんが
1~2年しかたってないような
新しいクルマでもけっこう壊れます。

私はクルマの中古部品を
整備工場さんや中古車販売店さんに
卸す商社の仕事をしていますが

こんな問い合わせがくるのが
けっこう多いんです。

それはどんな内容かというと
まだ新車登録されてから1年とか
2年とかしかたってないような
新しいクルマなのに

・メーターを探してくれ

・テールランプが壊れた

・ヘッドライトがつかないから
ASSYで探してくれ

・・・etc.と、
なんでこんな部品の問い合わせ?
と思ってしまうようなのが
思いのほか多いんです。

どこかにぶつけて壊したなら
しょうがないんですけど

これらの問い合わせの多くは
ぶつけて壊したんじゃなくて
部品に不具合がでての問い合わせ。

そんな時にわたしは聞くんです。

年式新しいから
保証で直してもらえないんですか?

そう相手に聞いてみると
口をそろえたように言うのが

保証継承されてないから
自腹で直さないといけないんだけど
新品じゃ高いから中古探してよ~

っていうこと。

これが年に1件や2件なら
たまたまかなとも思うんですが
意外とこんな問い合わせ多いんです。

新古車 未使用車 注意点

新古車・未使用車、新しい中古車の注意点

新古車や未使用車、
1~2年落ちの新しい中古車。

これらは新車保証が
まだ残っているクルマですが

「保証継承」の手続きを
購入時にしっかり行っていないと
万が一のトラブルが発生した際に

自費での修理となり
大きな出費に見舞われる危険性が!

車種によっては保証継承にかかる
費用は1万程度でできますし
高くても数万程度です。

それに対して先日中古車屋さんから
問合せが来た某人気軽自動車は

まだ新車から2年しかたってないのに
メーターが壊れてハリが動かなくなり
新品定価は5万オーバー!

中古を探してくれと言われても
まだクルマが新しすぎて在庫が無く
高額な新品での修理になって・・・

その中古車屋さんのオヤジさんに
事情を聞いてみたところ

どうやらメーターが壊れたお客さん、
他で新古車を買ったらしいんですが
購入時に保証継承の費用1万をケチり
今回まさかの故障が発生!

で、購入した販売店に文句言ったら

あの時(保証継承)いらないって
言ったじゃないですか~

と、言った言わないでもめたから
オヤジさんの店に相談来たらしいです。

このようなケースはどうやら
そのオヤジさんの知る限りでも
少なくないそうです。

お客さんが費用節約で
保証継承をしないケース、

はたまたそんな話すら
最初からしてない販売店も
なかにはあるそうで・・・

いざ何か部品が急に壊れてから
保証継承手続きをしても

その壊れた部品は
保証による無償対応は
してもらえない状況なだけに

あなたが新古車や未使用車、
新車からまだ年数のたっていない
新しい中古車を狙っているなら

1~2万の費用をケチることなく
「保証継承」をしてもらうのが
安心といえます。

ドアを開ければ新車の匂いが
するようなまだ新しいクルマで
あったとしても急に壊れますし、

不具合・トラブルがでた際には
部品代に工賃が加わって

すぐに5万や10万は飛ぶので
注意したいポイントであります。

新古車、未使用車。
1~2年落ちの新しい中古車。

「新しいから大丈夫」とは
言い切れない状況にありますので
あなたも買うならどうぞご注意を!

新古車 未使用車 デメリット

 

新古車や未使用車をお得に買うには?

値引きの期待ができない
新古車、未使用車、中古車、

アルミやローダウン、マフラーなどで
カスタム・ドレスアップされた車両

低走行の車両はビックリするほどの
ハイプライスになっていることも!

そんな状況の中、
気になる新古車や未使用車を
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法
があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!

いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
販売店と下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。

 

中古車下取り

あなたは自分のクルマに
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なことなので
覚えておくといいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?

中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

A社・・・55万円 (おっ?!)

B社・・・70万円 (ええっ!?)

C社・・・50万~80万円(ホ~!)

D社・・・100万円!(いいの?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になる新古車や未使用車を
もっとおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、
それとも50万円トクするか。

はたまた自分の思い込みのせいで
後になって悔しい思いをするのか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当ての新古車や未使用車を
前倒しで買うことだって
出来ちゃいますしね^^

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 中古車買うならココに注意! Reserved.