アウトランダーPHEV 中古は【駐車中にクルマが勝手に動く】に注意?!

アウトランダー PHEV 中古

三菱のSUVにふさわしい
期待を裏切らない走破性能を
持ちあわせながら

都市にも映える洗練された
美しきデザインも魅力・・・

アウトランダーPHEV!

アウトランダーPHEV 欲しい

インテリアに目を向けてみても
質感高くスタイリッシュな仕立てが
ラグジュアリーSUVとしての満足感を
もたらしてくれる・・・

アウトランダーPHEV インテリア

しかしあなたが先進の
プラグインハイブリッド車である

前期型もしくは後期型
各モデルのアウトランダーPHEVを

中古で狙っているなら
注意したいポイントがあります!

それはエンジンを切って
クルマを駐車した後、

駐車中のクルマが
勝手に動き出しかねない
危険な不具合・トラブル!!

 



 

アウトランダーPHEVで注意したい
駐車した後に勝手に動きだしかねない
危険な不具合の原因とは・・・

 

駐車ブレーキの制動力低下!

 

H25年1月~28年1月の期間に
生産されたアウトランダーPHEVは

後輪ブレーキの駐車ブレーキ用
シャフトブーツのシール性能が低く
水が入ってシャフトが錆びてしまい

このサビによってシャフトが
正常に回転できなくなってしまうと
駐車ブレーキの制動力が低下する
危険性があります!

三菱 駐車ブレーキ リコール

また、これだけでなく
後輪ブレーキキャリパーにおいて

製造工程で検査不良と判定された
「規格外」の部品が流出したことで

ブレーキパッドとディスクとの
隙間を自動調整する機構が
作動しなくなるものがあり、

そのためブレーキパッドが
摩耗しても隙間が調整されず
駐車ブレーキの効きが低下する
危険性があります!

三菱 リヤブレーキ リコール

これらのトラブルに
共通して言えることは
駐車ブレーキの効きが低下し

駐車中のクルマが勝手に動き出す
危険性があるということ。

そのためこのトラブルはリコール
アナウンスされた経緯があるんです!

 

アウトランダーPHEVの注意点

あなたが狙っている
アウトランダーPHEVの中古が

H25年1月~28年1月の期間に
生産された個体なら注意したい
この後輪ブレーキのリコール。

改善措置としては、

・後輪キャリパーを
 対策品に交換する

などの措置がとられています。

このトラブルは実際に
少なくとも266件も発生して
リコールに発展していますし

たとえばスーパーに買い出しに行き
その駐車場が少し坂になっていれば

ちょっと車を止めて帰ってきたら
前の車に突っ込んでたり・・・
なんてことも起きかねませんし、

クルマにぶつかるならまだしも
動き出した車が子供をひいたりしたら
とんでもないことになります!!

あなたが狙っている
アウトランダーPHEVの中古車が
リコールに該当する個体なら

改善措置を受けたかどうか
しっかり確認するのが安心です!

 

また、安心と言えば
アウトランダーPHEVは先進の
プラグインハイブリッド車ゆえに

アウトランダーPHEVを
中古で買うなら注意したいのが

中古車販売店の保証

どうなっているかということ。

プラグインハイブリッド
特有の部品である

・モーター

・バッテリー

・電動エアコン

といった部品が故障したら
数十万コースの修理代が発生し

「燃費が良くて助かる♪」

なんてのんきなことを言ってられない
浮いたガソリン代など一瞬で吹き飛ぶ
悲惨な状況に見舞われます・・・

【電動コンプレッサー参考画像】
ハイブリッド車 エアコン故障
いかにも「電気注意」といったオレンジの配線もついて
従来のエアコンコンプレッサーとだいぶ様子が違います!

 

お目当てのアウトランダーPHEVの
中古車価格は魅力的であっても
万が一の不具合や故障が発生すると

「えっ?そんな高いの!?」

と、ちょっとびっくりしてしまう
修理代の金額見積になるので

アウトランダーPHEVの
中古を選ぶ際には車両価格の
高い安いや走行距離だけでなく

中古車販売店の保証有無、
保証がある場合は期間や
適用範囲といったことも

しっかりと確認を
しておくのが安心です!

故障やトラブルが発生した際に
保証でカバーしてもらえれば
無用な出費を回避できますので♪

どうぞご注意を・・・!!

アウトランダーPHEV 中古 注意

 

アウトランダーPHEVをもっとお得に買うには?

値引きの期待ができない
アウトランダーPHEVの
中古車や新古車、

アルミやローダウンなどで
カスタム・ドレスアップされた車両

低走行の車両はビックリするほどの
ハイプライスになっていることも!

そんな状況の中、
気になるアウトランダーPHEVの
中古を購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法
があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!

いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
販売店と下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。

 

中古車下取り

あなたは自分のクルマに
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なことなので
覚えておくといいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?

中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

A社・・・55万円 (おっ?!)

B社・・・70万円 (ええっ!?)

C社・・・50万~80万円(ホ~!)

D社・・・100万円!(いいの?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるアウトランダーPHEVを
もっとおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、
それとも50万円もトクをするか。

はたまた自分の思い込みのせいで
後になって悔しい思いをするのか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのアウトランダーPHEVの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 中古車買うならココに注意! Reserved.