スカイラインクーペ【サクラムとアミューズ】どっちがおススメ?!

V35 スカイラインクーペ

いまだ色褪せることのない
美しきデザインが光る
CPV35のスカイラインクーペ!

よりラグジュアリーなデザインに
排気量アップしたVQ37エンジンの
333馬力もの圧倒的パワーが魅力の
CKV36 スカイラインクーペ!

V36 スカイラインクーペ

 

V35・V36のスカイラインクーペで
マフラーを交換して鳴きの入った
官能的なサウンドを手にするために

最有力候補となるのは
サクラムとアミューズ。

CPV35の中期型6MTで
サクラムとアミューズの
両方を付け替えたなかで

それぞれのマフラーの
サウンドやフィールに関して
インプレしたいと思います。

 



 

まず最初につけたのはサクラム。

甲高いフェラーリサウンドで
有名なサクラムのマフラーを
純正マニのCPV35に装着。

スカイライン サクラム マフラー

外観的にはボリュームある
CPV35のスカイラインクーペに
サクラムのマフラーは

ちょっとさびしい感じが・・・

で、音はというと2000rpm位から
「ファ~~~」と軽やかで
響きのある音が。

でも窓全開にしても
けっこう音量が小さいというか
なんかすごく遠くで鳴ってる感じ。

で、アクセル全開にすると、

パァァァァ~~~ン!

直管のシビックの高回転みたいに
炸裂音がスゴイことスゴイこと。

でも回転の高まりとともに
音色も高くなるならいいんだけど
一本調子で音に高まりがない。

こんなところも
直管シビックそっくり。

VTEC切り替わった時の
炸裂音のままで音が回転に合わせて
高まっていかないのと同じ。

で、満足できずに次なる策として

等長エキマニと触媒加工で
セラミック部を破砕して
メタル触媒化に着手。

セントラル20 エキマニ

サクラム推奨はマキシムだけど
高かったからセントラル20の
等長エキマニが安く出てたので
こいつをチョイス。

でもスカイラインクーペの
エキマニ交換って工賃高い・・・
1~2日預かり作業だったし。

で、サクラムサウンドが
どう変化したかというと・・・

若干鳴きが入るのが早くなったけど
相変わらず遠くで鳴ってる感じで
耳にダイレクトに届かない。

窓全開で両サイドに壁がある
細い道で反響しやすい場所でも
なんか物足りない・・・

高回転の炸裂音は触媒加工のせいか
盛大な音割れがしてるし!

エキマニの交換工賃高かったのに
ちょっと残念な感じが!!

官能的なサウンドならサクラムという
イメージが強すぎたせいか

サクラムのサウンドはちょっと
自分には合わなかったのが本音。

あと、サクラムで不満だったのは
シフトチェンジとかで中吹かしすると

中吹かしの音が聞こえないから
タコメーター見てどれぐらい回転が
上がったか確認してクラッチミート
しなきゃいけなかったのが不満。

軽い中吹かしぐらいだと
音が消えちゃうんですよね~。

ここまで不満ばかりのサクラムですが
「これはスゴイ」と思ったことも。

快適性はピカイチだと思います、
サクラムのマフラー。

通常社外のマフラーいれると
篭り音がスゴイですよね。

特に高回転からエンブレで
回転落としていくときとかも

ボァァ~~って篭ったり
近所迷惑な音量になったり。

でもサクラムはこの手の
こもり音が全く出なかった・・・

エンブレで回転が落ちていく時も
全くといっていいほど!

踏まなきゃホント静かだから
家族や近所の目を気にするなら
サクラムは好都合かも^^

でも踏まないと音がでないから
スピード出し過ぎることになって
危ないしストレスたまったのも事実。

 

サクラムからアミューズへ!

不満がたまっていく一方の
サクラムからアミューズへチェンジ。

スカイライン アミューズ マフラー

キレイなグラデーションと
大きなテールパイプが

CPV35のスカイラインクーペの
お尻にイイ感じで溶け込む。

で、サクラムから交換して
感じたことは・・・

①加速力アップ!

②乗り心地よくなった!

サウンド面以外でまず感じたのが
この2つのポイント。

サクラムを外してアミューズと
パイプ径を比べてみると

サクラムってかなり細い!

センターパイプの膨張管の中も
ストレート構造だったから
パイプが多少細くても

そんなにサクラムとアミューズで
走りに差は出ないだろ~って
思ってたけど

実際にはアミューズ交換後は
どんどんクルマが前に行く感じで
非常に気持ちよく走る!

やはりVQ35の排気量には
サクラムでは詰まり気味だったのか?

そしてアミューズに変えて
乗り心地が良くなったのも
意外な発見だった。

アミューズはチタン製マフラーだから
当然片手で余裕なくらい軽いけど
ステンのサクラムはけっこう重い。

リヤバンパー部分の重さが
アミューズに変えて軽くなったことで

普段通る道で路面が悪く
いつもゆすられる所でも

アミューズに変えてからは
そんなにゆすられることなく
スムーズな乗り心地に^^

で、気になるサウンドはというと
こちらも売り文句にあるような

キレイな鳴きが・・・
フェラーリのような・・・

といった感じではなく、

サクラムに比べると
野太い低音系の音。

そんなに鳴いた記憶もないし・・・

そしてこもり音を全く感じさせない
サクラムに比べてアミューズの方は
けっこう室内にこもる。

サクラムが異常に快適性が
高かっただけかもしれないけど

慣れるまではちょっと
うるさく感じたのも事実。

でも走行中の軽い中吹かしは
サクラムみたいに音消えせずに
ある程度聞こえるようになったし

排気のフン詰まりもなく
パワー面・フィール面は上々。

サクラム、アミューズ
どちらのマフラーにしても

過度にフェラーリのような鳴きと
甲高いサウンドを期待していると
ちょっと悲しい結果になるかも。

家族や近所に迷惑をかけない
快適性重視ならサクラム、

性能やフィール重視なら
アミューズって感じですかね!

スカイラインクーペ 中古車 注意点

 

スカイラインクーペの中古をもっとお得に買うには?

値引きの期待ができない
スカイラインクーペの中古車、

アルミや車高調、マフラーなどで
カスタム・チューニングされたZ、

低走行の車両はビックリするほどの
ハイプライスになっていることも!

そんな状況の中、
気になるスカイラインクーペの
中古を購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!

いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
販売店と下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。

 

中古車下取り

あなたは自分のクルマに
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なことなので
覚えておくといいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?

中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるスカイラインクーペを
もっとおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのスカイラインクーペの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (C) 2014 中古車買うならココに注意! Reserved.